« イベントご来場ありがとうございました♪ | トップページ | シャリシャリ君。 »

2006年5月22日 (月)

「プラド美術館展」

行って来ました!
たくさん素敵な絵があって・・・。
私は「フェリペ4世」の肖像画が気に入りました。
鬱屈したような、でもどこかユーモラスなすごく個性的な顔です。
彼の妹や娘の肖像画もあって、作者も違うのですが、
みんなソックリ!なんです!!!
「ほんとにこんな顔だったんだなぁ~」と思いました。
何しろ、肖像画だから自分で描かせたんだろうけど、
格好良く描かせず、そのままでOKを出したフェリペ4世に拍手!
な感じでした(^-^)

« イベントご来場ありがとうございました♪ | トップページ | シャリシャリ君。 »

コメント

こんにちは。
私も『プラド美術館展』を見てきましたので、興味を持ってご感想を読ませていただきました。比較的小さな作品が多かったですが、画家の個性が見事に表現された傑作も多く見られて良かったと思いました。ヒエロニムス・ボスの『愚者の石の除去』や大好きなムリーリョの『ロザリオの聖母』など日本で初めて来日した作品に秀作がかなりあったと思います。

私は今回の『プラド美術館展』から特に印象に残った7つの作品を厳選し少し掘り下げ書いてみました。それと一緒に実際にスペインのプラド美術館に行ったとき、プラド美術館の膨大な絵画の中から特に感動した作品についても書いてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イベントご来場ありがとうございました♪ | トップページ | シャリシャリ君。 »